<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

ミサトっ子草履!何歳から?我が家は2歳8カ月!その履き心地はホンモノ!

2013年7月22日身につけるもの

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

みさとっこ草履。

自然派で育てたい派には有名すぎるぐらい有名な草履。

そとやんは、もともと下駄や草履が好きでした。なので、

スポンサーリンク




「ミサトっ子」を知った時、嬉しすぎて即購入しました。

 

しかし当時娘は1歳すぎ。

歩き始めて間もない頃。無理やり履かせては泣かせていました(ごめんね娘…)

2歳6ヵ月になり、しゃべり始めると、

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”長女リー.jpg” name=”長女リー”]イタイイタイ[/speech_bubble]

と教えてくれるように。

泣く理由がわかり、草履を諦めていた2歳8カ月。

なんと自分から

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”長女リー.jpg” name=”長女リー”]リーちゃん、ゾウリ、履く~[/speech_bubble]

と…!!!!

その日から毎日履いています。

草履を履いて気持ちいい?

ミサトっ子は子供もそうだけど、大人にもいい。

そとやんも本当に愛用しています。

とにかく履き心地がハンパない!今までいろんな下駄や草履を履いてきたけど、この感じは群を抜いてトップです。

履き物を履いて「気持ちいい」と思ったのは、「ミサトっ子」が初めて。

子供の成長に最適

気持ちいいだけじゃない。

土ふまずの形成や、運動神経の発達。

姿勢にもいい影響もあり、強いては集中力さえ強化されるってゆうんだから…。

今後の成長が楽しみ!!!!!

日本人と草履

草履は日本人がずっと履いてきたもの。

日本の気候、湿度が高くて、季節がしっかりあって…。この国には草履がとっても合う。

昔、草履を普通に履いていた頃は、水虫も外反母趾もありませんでした。 

そして、その頃の日本人は頭がよい人が多かった…。

なんて、大げさかしら。頭の良いの話しは置いといて、とりあえず履きやすいの。

思い

 

いっぱいみさとっ子履いて、元気に走りまわって、たくさん遊んで、自分で自分を守れるカラダになるのよ~。

 

写真はそとやんの友達の子と、我が娘と、そとやんの足です。ちなみに夫もみさとっ子を履いています。

 

 

そとやんは小さい頃、本当に歩かない子でした。

小学生の低学年まで、土ふまずのない足をしていました。

そして、歩けば何もないところでもすぐ転んでケガをし、泣いていました。

そとやんの子です。我が子にはそんな思いをしてほしくない。

でも、もしこの草履を履くだけで、「そんな思い」をしないですむなら。

スポンサーリンク