<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

結い2101(鎌倉投信)とひふみ投信を比較 2013年3月末

2013年4月20日積立シミュレーション

結い2101(鎌倉投信)とひふみ投信を比較

ひふみ投信
スポンサーリンク




商品概要

名称 結い2101(鎌倉投信) ひふみ投信
運用方針 主として国内株式市場の中で、顧客・消費者、社員とその家族、取引先、地域、自然・環境、匠の技術、株主等を大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる企業を対象として、その時点での市場価値が割安であると考えられる銘柄を選別し、長期的に分散投資する。外貨建資産については、原則、為替ヘッジは行わない。 「ひふみ投信マザーファンド」を通じて、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、国内外の株式に投資する。運用にあたっては、国内外の長期的な経済循環を勘案して、適切な国内外の株式市場を選び、そのなかで長期的な企業の将来価値に対して、その時点での市場価値が割安であると考えられる銘柄を選別し、長期的に分散投資する。
設定日 2010/03/29 2008/10/01
純資産額 34.66億円 55.12億円
申込手数料 ノーロード(無料) ノーロード(無料)
信託報酬 年1.05% 年1.029%
実際の経費率 年1.14% 年1.319%
信託財産留保額 なし なし
償還日 無期限 無期限

※2013年3月のデータ。各商品説明サイトおよびモーニングスターより

比較チャート

青:結い2101(鎌倉投信)
赤:ひふみ投信

リターン

リターン(%) 結い2101(鎌倉投信)   ひふみ投信 
1ヶ月 +1.48 +3.98
3ヶ月 +12.99 +18.22
6ヶ月 +14.09 +26.64
1年 +11.89 +30.76
2年 +18.01 +26.20
3年 +44.50
5年

積立シミュレーション

結い2101(鎌倉投信)がローンチされた2010年3月末に10,000円ずつ積み立てたら、
評価額がどうなっているかをシミュレーション。

※口数=投資金額÷基準価額で計算

結い2101(鎌倉投信)が新規設定以来の積立投資の差

投資開始年月 投資総額
評価額
差額
結い2101(鎌倉投信) ひふみ投信 結い2101(鎌倉投信)-ひふみ
2010年3月
370,000
458,869
526,798
-67,929

2010年3月からの差は370,000円の投資で67,929円となりました。

まとめ

一括投資(チャート)、積立シミュレーションの両方でひふみ投信の方が
投資成績が良かったです。

結い2101(鎌倉投信)
投資家の長期的な資産形成と社会の持続的発展に貢献するために、
社会との調和の上に発展する「いい会社」の株式に投資。

ひふみ投信
「できるだけ安いコストで、お客様の資産形成を長期にわたって応援したい」という
思いと「お客様の真の心のゆとりのために」 という願いをこめて、「ためてふやす」
という新しい資産形成の考え方を提案。

どちらの長期での運用を見据えた素晴らしい哲学です。

長期投資のゴールまでの道のりはまだまだ長いので、引き続きウォッチしていきます。

スポンサーリンク