<--ウェブマスターツール-->

【台所育児】これが一番好きなのね!?1歳からできる白和え作りのお手伝い

2013年2月27日台所育児

おはようございます。妻のそとやん(@soto_yan)です。

写真は現在2歳3カ月のものですが、初めて白和え作りをしたのは1歳5カ月でした。

そして、その日から台所育児スタートしました。

スポンサーリンク






かっぽうぎでストレスフリー

白和えを作る時は、こぼれても大丈夫なようにレジャーシートを引いて、背中が丸くならない高さの代にすり鉢を置いて、本人にはかっぽうぎを着せます。

これでお互いストレスフリーです。

豆腐を潰してる彼女はとにかく集中。そして笑顔です。

台所育児とは

「坂本廣子の台所育児―1歳から包丁を」という本に出会って、かなり感銘をうけそのトキが来たら実践しようと心の準備をしていました。

子供が、台所にいるお母さんの気を引こうと一生懸命に泣いたり、服を引っ張ったりする時期はホンの一瞬。

その時を、母親が自分のペースを大事にして子供の言葉にできない声を無視し続けたり、あるいは、うっとうしがっていると、その子は一生料理嫌いになってしまうんじゃないか。

やりたがっている時が、やらせ時

どうせできないでしょっではなく、どうしたら出来るようになるかを考えてあげること。

そんな感じのことが事細かく書いてあります。

料理する事は食べる事に直通します。

食べる事は、生きること

料理する楽しさは、生きる楽しさ。

生まれてきて間もない命が、生きる楽しさをしっかり感じることが出来たら、きっとこの先いろんなことに輝きを感じて強く生きて行ってくれるんじゃないか…。

最初は本通りにしていましたが、続けていくうちにカン?が動き初めて、今はなんとなく「ああこうすればいいかしら…」とわかるようになってきました。

これからそとやんが日々行っている台所育児を、子供の成長とともに少しずつ書いていけたら…と思います。

坂本廣子の台所育児―一歳から包丁を

坂本 廣子 農山漁村文化協会 1990-12-15
売り上げランキング : 5641

by ヨメレバ

スポンサーリンク