<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

1306と1348のETFを比較

2011年11月30日積立シミュレーション

  • TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
  • MAXIS トピックス上場投信(1348)

どちらもTOPIXに連動する投資成果を目指すETFです。

インデックス投資ブログの中では日本株式クラスETFに投資する場合、どちらかの商品が多いです。

気になったので二つを比較してみました。

スポンサーリンク




ETF概要

TOPIX連動型上場投資信託 MAXIS トピックス上場投信
証券コード 1306 1348
売買単位 10口 10口
設定日 2001/07/11 2009/05/14
純資産額 6,553億円 267億円
売買手数料 証券会社が定める額 証券会社が定める額
カブドットコム証券
では売買ともに無料
信託報酬 年0.1155% 年0.0819%
2011年の平均出来高 約276万株 約11万株

※2011年11月末のデータ。各商品説明サイトより

乖離率の推移

TOPIX連動型上場投資信託 MAXIS トピックス上場投信
平均 -0.004% 0.115%
2011/11/01 0.06% 0.14%
2011/10/01 0.00% 0.11%
2011/09/01 -0.01% 0.59%
2011/08/01 0.08% 0.08%
2011/07/01 -0.24% -0.09%
2011/06/01 0.11% 0.08%
2011/05/01 0.02% 0.05%
2011/04/01 -0.03% 0.04%
2011/03/01 0.00% 0.14%
2011/02/01 -0.01% 0.09%
2011/01/01 -0.01% 0.04%
2010/12/01 -0.02% 0.11%

※データ元:モーニングスター

となっています。MAXIS トピックス上場投信(1348)の方が乖離率のブレが大きいですが投資をするうえでは特別大きな問題にはならなさそうです。

積立シミュレーション

ではTOPIX連動型上場投資信託(1306)とMAXIS トピックス上場投信(1348)を2009年5月から毎月末に10,000円ずつ積み立てたら、2011年11月末の評価額がどうなっているかを試算してみました。

開始時期 投資額 1306株価 評価額 損益 1348株価 評価額 損益 1348-1306
2011/11 10000 740 10000 0 741 10000 0 0
2011/10 20000 747 19906 -94 750 19980 -120 -26
2011/09 30000 772 29492 -508 773 29466 -534 -26
2011/08 40000 775 39040 -959 776 39014 -985 -26
2011/07 50000 846 47787 -2213 849 47742 -2257 -44
2011/06 60000 874 56254 -3746 863 56329 -3671 75
2011/05 70000 864 64819 -5181 852 65026 -4974 207
2011/04 80000 873 73295 -6705 865 73592 -6407 298
2011/03 90000 890 81610 -8390 882 81994 -8006 384
2011/02 100000 965 89278 -10722 957 89737 -10263 459
2011/01 110000 926 97270 -12730 915 97835 -12164 566
2010/12 120000 913 105375 -14625 908 105996 -14004 621
2010/11 130000 876 113822 -16178 869 114523 -15477 701
2010/10 140000 821 122836 -17164 816 123604 -16396 768
2010/09 150000 841 131635 -18365 836 132467 -17532 833
2010/08 160000 810 140771 -19229 801 141718 -18281 948
2010/07 170000 859 149385 -20615 852 150416 -19584 1031
2010/06 180000 863 157960 -22040 849 159143 -20856 1184
2010/05 190000 902 166164 -23836 888 167488 -22511 1325
2010/04 200000 1009 173498 -26502 993 174950 -25049 1453
2010/03 210000 1004 180869 -29131 989 182443 -27577 1554
2010/02 220000 908 189018 -30982 896 190713 -29287 1695
2010/01 230000 916 197097 -32903 899 198955 -31044 1859
2009/12 240000 921 205132 -34868 917 207036 -32964 1904
2009/11 250000 855 213787 -36213 845 215805 -34194 2019
2009/10 260000 908 221936 -38064 899 224048 -35952 2112
2009/09 270000 921 229971 -40029 912 232173 -37827 2202
2009/08 280000 974 237569 -42431 968 239828 -40172 2259
2009/07 290000 956 245309 -44690 950 247628 -42372 2318
2009/06 300000 956 253050 -46950 930 255596 -44404 2546
2009/05 310000 922 261075 -48924 897 263857 -46143 2781

※株数=投資金額÷株価で計算、分配金再投資を行っていません。

見事に両方ともマイナスです。
比較をしてみると僅差ではありますがMAXIS トピックス上場投信(1348)の方が投資成績が良いということがわかります。

最後に

MAXIS トピックス上場投信(1348)の方が乖離率にプレミアム(割高)があるからでしょうか。
それとも信託報酬の差でしょうか。
カブドットコム証券でMAXIS トピックス上場投信(1348)はフリーETFで売買とも手数料無料なのでコスト面で更に有利な運用が出来るのではないでしょうか。
MAXIS トピックス上場投信(1348)に注目していきたいと思います。

しかし、分配金を再投資したデータで積み立てをした場合ではまた違った結果になると思います。

※本当は分配金再投資をした場合の比較もしたかったのですが、私の稚拙なエクセル知識ではゴチャゴチャとなりシミュレーション出来ませんでした。

スマートなやり方を知っていらっしゃる方がいれば教えていただきたいです(汗)

スポンサーリンク