<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

スマホのUSB充電ケーブル 100均でも高速充電&データ転送可能

2016年6月23日ショッピング

 

スマホの充電ケーブルを次女ナーが思いっきり引っ張って断線しました。

ネットで調べたところ100円均一ショップにもUSB充電ケーブルが売られている事を知り、購入しました。

スポンサーリンク

スマホのUSB充電ケーブルは様々な種類が

一口にUSB充電ケーブルと言っても、iPhone用、Android用、iPad用など多種多様です。

更に充電専用か充電とデータ転送の両方に対応するもの、ケーブルの長さなども違います。

購入したのは100均の「セリア」の高速充電&データ転送可能なUSB充電ケーブル

セリア スマホ充電ケーブル

セリアのUSB充電ケーブルは

  1. 2A高速充電
  2. データ転送可能
  3. ケーブルの長さ50cm

という特徴があります。

他の100均では、100円(税別)でここまでの機能のケーブルはありませんでした。

実際に利用してみて、スマホの充電時間も短いですし、データ転送も普通にできます。

ちなみにダイソーのUSB充電ケーブル

2016-05-2610-51-29

  1. 充電⇔通信の切り替えスイッチ
  2. コードの長さ20cm

 

2016-05-2610-51-36

  1. データ転送
  2. リール式
  3. 最長コード長約70cm

などがあります。どちらも100円(税別)です。

他のキャンドゥなどの100均ショップでも売られているでしょう。

マイクロUSB充電ケーブルはどんなものを購入すればよいか

スマホの充電は早ければ早いほどいいですよね。

充電の時間を早くするには電流をたくさん流すことです。

電流(A・アンペア)はホースの中を流れる水を思い浮かべるとイメージしやすいです。

ホースの中を流れる水をたくさん流すには

  1. 水をたくさん出す
  2. ホースの中に障害物を置かない
  3. ホースを太くする
  4. ホースを短くする

が考えられます。

これをUSB充電ケーブルに置き換えたとき、水は電圧(V・ボルト)にあたり100Vで一定なので、変えようが有りません。

また、ホースの中の障害物は抵抗(Ω・オーム)にあたり、実際に購入して測定いてみないと分かりません。

長くなりましたが、USB充電ケーブルに電流(A・アンペア)が記載されていない場合は、ケーブルが太く・短いほど充電時間が短くなる可能性が高くなります。

最後に

セリアのUSB充電ケーブルは、購入して1ヶ月経ちますがそこそこ優秀です。

しかし当たり前ですが、正規品の方がケーブルの質は良く、断線しにくいです。

加えてケーブルが長くても「2.4A対応品」の方が充電速度は早いです。

更にスマホによっては正規品ではないUSB充電ケーブルを利用すると、過電流などによりスマホの故障原因になります。

たかがUSB充電ケーブル、されどUSB充電ケーブルです。

値段と性能・品質を十分に考慮してから購入しましょう。

我が家は、次女ナーや成長した長男エーがUSB充電ケーブルを引っ張って壊れてしまっても、セリアの2A高速充電&データ転送可能なUSB充電ケーブルを購入するでしょう。

スポンサーリンク